おすすめの化粧品

新人税理士は儲からない?

新人税理士は儲からない?

つい最近出た雑誌に気になる記事がありました。
それは税理士をはじめ、弁護士、公認会計士などのいわゆる難関資格を取っても、新人は儲からないという記事でした。
弁護士の場合は、司法試験改革で弁護士の数が増えたため、
公認会計士も合格者数が増えて受け入れる事務所の数が足りていないためだと知っていましたので、
驚きはしませんでしたが、税理士も儲からなくなっているとは知りませんでした。
その理由は税理士 顧問料の高いベテランにあります。
確かに税理士は1科目から受験でき、その合格を翌年以降もプールできますので、
受験するのに優しい資格だと言え、受験者数は多いです。
でもそれだけに試験自体は難しくしてあり、合格者もそれほど多くはありません。
で、記事を読み続けるとその理由が書いてありました。
その理由とは、ベテランがなかなか引退しないから。
どうしても企業の顧問などは、今までの実績があるベテランが囲い込んでおり、
新人に回ってこないそうです。
故に新人の税理士 顧問料低いです。
そして税理士には定年がありませんから、ずっとおいしい仕事はベテランが握って、
いつまで経っても新人には回ってこないそうなのです。

確かに頼む方からすると実績があるベテランの方が安心感があると思います。
でも人間は誰でも、一定の年齢を過ぎると能力は確実に落ちていきます。
そのことを考えたら企業側の新人に早いうちにシフトするべきではないでしょうか。
個人的には記事を読んでそう思いました。
評判のいい税理士 顧問料にシフトしておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ